理事長所信

 スローガン 

 「誇り」

~想いは行動する事~

 所信

 我々、青年会議所は「明るい豊かな社会」の実現に向けて活動を行っている団体であるが、それは時代に応じた活動を積み重ねてこそ実現する社会ではないだろうか。昨年、赤穂青年会議所は1963年の創立より55周年の節目を迎え、市長をはじめ、行政、各種団体から赤穂青年会議所の存在が「まち」から求められている団体であると実感出来る祝福を受けた。

 この祝福は、55年の長きにわたりその時々の赤穂の青年経済人が「まち」に何が必要なのかを洞察し、本気になって運動を続けてきたからこそ得られたものである。自らの想いを行動に移し、本気で取り組んだからこそ、市民や行政を動かし、まちづくりに貢献出来たに違いない。同時に、我々の運動が続けて来られた事は市民や行政と一体となり、作り上げてきた絆の賜物である事も忘れてはならない。そんな先輩諸兄の背中を見習って我々がこれまで活動してきた事も、今なおこの「まち」にとってかけがえのない影響を与えている事は誇りに思う事である。「まち」の為に活動していくことは青年としての使命であり、我々の運動は、想いある青年がいる限り幾十年と続けていくべきものである。

 そして、今後も笑顔あふれる活気づいた「まち」にしていくために、我々の誇りを未だ見ぬ仲間にも伝え、共に行動していく。

 しかしながら現状は、卒業間近のメンバーが半数を占めており、2年後に会員数は半減してしまう。存続を危ぶまれる危機を回避するためにも会員拡大は最も力を入れるべき活動になる。

 そこで本年度は、受け継いだ「誇り」を次世代に力強くつなげていかなければならない重要な年である。青年会議所は、志を同じくする者が相集い力を合わせて活動するまちづくり団体であり、同志は一人でも多い方が大きな力となる。より多くの同志の力こそ、我々赤穂青年会議所の活動を拡大していくうえで必要不可欠と考える。したがって、会員拡大はまちづくりの土台となり、一大事業であるという意識を全員が持ち、一人ひとりが行動していかなければならない。

 当会議所のメンバーは、仕事も環境も様々であり、それでも我々は青年会議所という一つの塊になって、一年の活動を全うする団体である。その活動は、お互いの助け合いで成り立っているのではないだろうか。だからこそ、メンバー同士の絆の構築が大切であり、その為に交流は必要不可欠なものである。それは事業を始め、全ての活動の中で構築していくべきものである。

 交流とは相手を思いやることであり、メンバー全員が相手の事を思いやれば、明るく楽しめる雰囲気が生まれる。その中で、時に多くの議論を交わし、共に笑いあえる仲間がいる事は赤穂青年会議所としての魅力となる。また、そのような場であれば、メンバー同士のみならず、入会候補者の方でも気持ちよく心を開き、共に素晴らしい時間を過ごせるものだ。

 市民が自分の「まち」に対して誇りを持つとはどういう事だろうか。

 それは、市民一人ひとりが自分の「まち」を今以上に愛する気持ちを持ち、その想いを地域の皆で共有していく事と考える。地域への想いを皆が共有し、広めることが出来れば、我々の目指す笑顔あふれる活気づいた「まち」になっていくに違いない。

 青年会議所の目指す「明るい豊かな社会」とは、「まち」に住む人々の笑顔があふれるものでなければならないのである。笑顔無き明るい社会は存在しないのだから。

 対外事業はメンバー全員が一丸となって運動し、「まち」全体をも巻き込み、協働で一つの事を作り上げる事で、達成感を直接感じられ、当会議所が一年の活動を全うする中で、決して外すことの出来ない事業である。そしてその活動は、取り組む想いが強ければ強いほどメンバー同士が共有できる達成感も伴っていくのだ。メンバー全員が全力で楽しみ、苦楽を共にする活動が、事業をより有意義にしていくのだ。まずは笑顔で楽しく行動しよう。そうすれば必ず「まち」にも笑顔が生まれ、その「まち」に住む人々の心も豊かで明るいものになっていくのである。

  我々一人ひとりは、誇りを持った「まち」のリーダーたるべき存在であるべきだ。誇りを持つ事の第一歩は、メンバー全員が青年会議所の一員であると強く自覚する事ではないだろうか。その為には、会の規律を尊重し、時には見直し、時代の変化に応じて変えていかなければならないところは変え、規律の明確化を図り、共通認識をもって行動する事が大切である。また、青年会議所活動以外でも品格ある青年として行動できているか今一度、自問自答し、再確認する必要がある。意識して行動する事で「個」としての資質が向上し、一人ひとりが「まち」のリーダーであり続ける事はもちろん、規律ある組織となり、これまで我々が受け継いできた誇りを次の世代に引き継いでいく事が出来るのだ。「まち」からの信頼を得ている事が当会議所の存在意義であり誇りである。そしてそれらを学び、成長できる事が最大の魅力である。

 当会議所はこれまで、「まち」に求められているものは何か、為すべきことは何なのかを追求してきた。それは青年会議所としての運動の本質であり、広報活動においては、その運動をより広く発信し、我々の日々の活動に対して一人でも多くの興味関心を抱く同志が増える活動を目指さなければならない。

 本年度、当会議所は先輩諸兄から受け継いだ誇りを胸に、メンバー一人ひとりが自らの想いに自信と誇りを持って行動できる組織運営を行う事で、メンバー全員が笑顔で過ごせる一年を目指す。

 思いは行動する事によって想いになる。思いがあっても行動しない事には何も起きないし、何も伝わらない。どんなに素晴らしい本を読んでも、どんなに勉強になる話を聞いても、実際に自分なりに行動してみなければ分からないことが多い。自分なりに行動していけば考えて行動するようになる。その事が自分自身の血肉となり自己の成長になる。自分たちが今なすべき事は何なのか、求められている事は何なのか、私たちの住む「まち」の為に仲間と多くの議論をかわす事で目的意識を共有しよう。どんな小さな事でも良い。感じた事は勇気を出して行動に移そう。その積み重ねが未来という形で人々に明るさと豊かさを与え続けることが出来るのだ。諦めず行動し続ける限り失敗は失敗ではなくなる。地域社会が求めているもの、我々に求められているものを自問自答しながら、しっかりと地域社会の声を聞き、行動する事。それこそが我々が常々必要とされつづける理由になっていくのである。まちづくり運動を展開するから誇りを持てるのではなく、自分達がしている事に対して誇りを持つから「まち」が良くなっていくものであると確信している。

 ≪2019年度赤穂JC基本方針≫

1、メンバーが笑顔で楽しく活動する人間交流

2、一人ひとりの誇りが伝播する会員拡大

3、組織の円滑な運営と広報活動

4、メンバー一人ひとりの資質向上

5、誇りを感じられるまちづくり事業