魅力拡大室

委員会テーマ

総力

委員会方針
現在、当青年会議所の会員数は21 名であります。
これから先、卒業していく会員は、本年度から順に2 名、4 名、5 名となっており、新入会員が入らない限り、4 年後には正会員数が10 名となります。
これは、4 年前の約4 分の1 という数字です。
その結果、我々は運営に追われる事となり、各メンバーの担いも増加するでしょう。それが、モチベーションの低下や事業規模の縮小という悪循環へ繋がる事は明確であり
ます。しかし、これが現在の赤穂青年会議所です。

まずは、全員がこの現実を真摯に受け止め、危機感を心底募らせる事から始めなければなりません。そこで、各メンバーには、現状を自分自身の事と受け止め、認識し、一人ひとりが必死になって行動に移さなければならない事を自覚してもらいます。
その上で、細分化した「責任ある担い」をメンバーそれぞれに振り分け、赤穂青年会議所の総力を持って拡大活動にあたります。

今ある現実を直視出来たら、後は皆で前だけを向いて活動していきましょう。
我々の、愉しみながら前進していく姿勢こそが候補者を魅了する最大のアプローチなるのです。そこで、各メンバーには、赤穂のまちづくりに対する情熱と、JC 活動の
魅力を再認識してもらい、誇りある赤穂青年会議所の一員であるという自覚を持ってもらいます。
またこれは、在籍メンバーの途中退会の抑止にも繋がる重要な事でもあります。

目標は、11 名の新規入会です。
この数字は、これから再構築していく赤穂青年会議所の礎の部分です。
全員で、達成する数字です。