55周年実行委員会

委員会テーマ

感謝を伝える

2.委員会方針
「ありがとう」という言葉は、心の潤滑油とも言われます。感謝される方も感謝する方もお互いが温かい気持ちになれます。「ありがとう」の数だけ、お互いが理解し合えて、人間関係もよくなります。また、感謝を伝える時に、どんな小さな事でも何か幸せを感じると、人は自然と笑顔になります。
2018 年、赤穂青年会議所は創立55 周年という記念すべき節目の年を迎えます。55 年という長きにわたり、赤穂青年会議所の歴史を築き上げてこられた諸先輩方と、私たちの活動に対し、多大なご理解とご協力を賜った関係諸団体に心からの感謝が伝わ
る事業を行います。先人から脈々と受け継いできた伝統に敬意を払い、そしてなにより、日々のJC 活動を支えてくれている人々に対して、感謝の気持ちを伝える場を提供します。
また、メンバー同士お互いが感謝の気持ちを伝えあうことで、全員が笑顔になり、気持ちが前向きになります。さらには、周囲にもプラスの影響を与え、信頼し合える人間関係が構築され、個々を高め合える相乗効果が生まれる事によりJC 活動が活発になります。それにより、55 周年テーマ・5 箇条宣言文を達成していけると考えます。

赤穂の誰からも必要とされるように、常に感謝の気持ちを忘れず、誇りを持てるような活動を行い、赤穂青年会議所が「ありがとう」で満ち溢れ、感謝を伝えあえる組織になる事で、魅力ある団体になる事と確信します。