委員会・室テーマ方針

総務広報委員会

委員長

小川洋史

委員会テーマ

次期創成期SO-SE-KI礎石SOSEKI

委員会方針

 これまで51年に渡り、受け継がれてきた志やノウハウは、数多くの経験により築き上げられてきました。それは、諸先輩方が青年会議所運動に取り組み、進達されたことにより培われたものです。経験豊富な人材が減ると、今まで培われた志やノウハウを維持するのが困難となります。

 赤穂青年会議所は、この先2~3年で経験豊富なメンバーが多数卒業します。この卒業予定者を『赤穂青年会議所の団塊の世代』と位置づけし、この1年間で多くのことを学んでいく必要があります。
特に、地に足をつけて基本的・初歩的なことを積み重ねて、土台を固めていくことが重要です。
メンバーの自発的な行動で切磋琢磨し、個々の志気が高まることで、『赤穂青年会議所の団塊の世代』をも超えることができる人材が増えると確信します。さらに、組織と個人を相互成長させていくことが、必要不可欠となってきます。

 そこで、当委員会では、メンバー全員の必携書である総合資料の考査する機会を設け、組織に合わせた情報共有・交換の仕組み作りを行います。広報として、青年会議所活動を浸透させるよう事業案内、報告を行います。

 これにより、個人の暗黙知から形式知へ、組織の暗黙知から形式知へ変換し、循環させることで、足並みの揃った組織となり、次世代の赤穂青年会議所へ発展するための第一歩としていきます。

人間交流委員会

委員長

山本真一

委員会テーマ

人間っていいね

委員会方針

 いつでも、どこでも、誰とでも、楽しく交流できたらとても楽しい人生です。
しかし、それができる人間はごくわずかです。
人間は、好き嫌いもあれば機嫌の良い時、悪い時もあります。

 しかし、いろんな感情や表情をもっているのが人間の良いところです。
そういう人間らしさ、自分らしさを表に出す事でお互いを認め合い、時には意見を
出し合い学んだりしながら行う交流が「人間交流」ではないでしょうか。

 交流で一番大事なのは、「楽しむ」事です。
「人間交流」が楽しみの中で行えるよう、当委員会では気持ちの良い交流の場を設営していくと共に会話のはずむような雰囲気づくりを行っていきます。
こういう交流の場を得ることで、これまで以上に深い交流が行え、それぞれが刺激し合い成長していくと考えています。

 このような機会を経験していくことで、対外でも楽しく交流が行えるようになり、いつでも、どこでも、誰とでも、楽しく交流できる楽しい人生を送れる人間になれるのではないでしょうか。

 また新しく仲間になる方にも「人間っていいね!」「JC っていいね!」と思ってもらえるよう、本年度、人間交流委員会は人間らしい「交流」を目指します。

まちの魅力発信委員会

委員長

林雄一朗

委員会テーマ

団結発信!!

委員会方針

 まちづくりの原点は、そこに住む人たちが「まち」に愛情を抱き、住み続けたいと感じる魅力ある「まち」にしていくことであると考えます。
 そして、私たちの住む赤穂にはそこに住む人たちが愛情を抱ける魅力ある文化、食材、スポットがたくさんあります。その魅力は全国的に知名度が高いものもありますし、まだ赤穂の中でも知名度が低いものもあります。

 しかし、その「まち」の魅力を自信を持って市外、県外に発信していける人がどれだけいるでしょうか?
 一部の人たちやまちづくり団体が発信するだけで、ほとんどの市民は行政に頼っていたり、自分がまちづくりなんて出来るわけがないと思っている人がほとんどではないでしょうか?

 そこで、まちの魅力発信委員会ではまず、私たち自身がまちの魅力を見つめ直し、それを感じ、多くの市民が団結して携わっていけるモノを創っていきます。そして、それを市外、県外に発信できる事業を行います。

 市民にまちづくりに参加したという意識が芽生えれば、自分たちの「まち」に愛情を抱く事ができ、市外、県外の知人や観光客にも自信を持って魅力を発信でき、まちの活性化にも繋がると確信します。

人間力向上委員会

委員長

間鍋秀樹

委員会テーマ

足並みを揃えて行こうじゃないか

委員会方針

 赤穂青年会議所は、「明るい豊かな社会の実現」を理想とした30人から成る組織です。人が30人集まれば30通りの考え方があり、思いや信念はそれぞれ違います。元より意識が高く、各方面で活躍しているメンバー一同が、行動の基本となる部分を共有し、一体感を持ち、メンバー各自が進化する事でLOMとしてのパワーが発揮できると考えます。

 そこで、当会議所のメンバーが一堂に会する例会の場で、息を合わせたセレモニーや、同じテーマ・目的に則したトレーニングに取り組む事が、メンバーの一体感を生む事への第一歩になるでしょう。
 また、メンバーが事業成功という志を達成するためには、綿密な計画や人を巻き込む説得力・コミュニケーション力が必要となります。そのために、JCならではの手法を学び切磋琢磨する事で、志士として成長する場の設営に努めていきます。

 メンバーが一体感を持ち、その団結感のある雰囲気の中であるテーマを学び、各個人が日々の活動の中で活かす。次回はまた別のテーマを学ぶ…というサイクルを作る事が個の成長に繋がり、延いてはLOMの進化に繋がるでしょう。

まちの未来創造委員会

委員長

井関亮平

委員会テーマ

『一生の宝物』

委員会方針

 子どもたちが目をキラキラ輝かせながら、仲間を励ましあい、時には刺激しあいながら日々一生懸命に物事へ打ち込んでいる。
 これが理想の子どもたちの姿ではないでしょうか。
 しかし、近年の子どもたちを取り巻く環境は、生活や教育環境の変化により、仲間と共に物事に真剣に取り組む機会が減少しています。

 真剣に物事へ打ち込むことは多くの事を教えてくれます。
 喜び、悲しみ、楽しみ、悔しさ、後悔、感動、仲間、友情、繋がり・・・。
 これらは、人が成長していく過程で必要なものであり、人生を輝かせるものです。特に、子どもたちにとっては、特別な思い出や経験として、『一生の宝物』となりうるものです。

 この『一生の宝物』を見つけるには、ただ楽しく面白いだけではなく、様々な苦労や困難を乗り越え、目標に達した時に得られる「達成感」が不可欠ではないかと考えます。
さらに、その達成感は「仲間」と共有することにより、『一生の宝物』として特別なも
のとなります。

 そこで、当委員会では、子どもたちに、仲間と共に真剣に物事へ打ち込み、達成感を感じることの素晴らしさを学んでもらう事業を展開します。そうすることで、まちの未来を担う子どもたちが、『一生の宝物』を胸に、周りの人や仲間を想い行動できる志士となるでしょう。

会員拡大プロジェクト室

室長

露野一彦

室テーマ

覚 悟 !

室方針

 数年前からわかっていたことですが、これから2年で多くのメンバーが赤穂青年会議所を卒業します。会員拡大については日本全国の青年会議所でも大変深刻な問題であり、40歳で卒業という決まりのある青年会議所にとっての永遠のテーマ「会員拡大」から目をそむけることはできません。

 また、青年会議所の活動に価値を見出せずに退会してしまうメンバーの増加も問題です。青年会議所全体で毎年卒業生の数よりも新入会員の数の方が多いにもかかわらず、退会者数の増加により会員数は減少しているのが現状です。会員数の減少はメンバーの意識や活力の低下、事業規模の縮小につながり、やがてはLOMの存亡にもかかわります。それは当LOMにおいても同じことが言えます。そうならないためにも室を中心に新入会員のフォローを行っていきます。

 メンバー一人ひとりが周りの人に対して積極的に赤穂青年会議所の魅力を熱く語り、共に高い志をもち行動する「志士」となることができれば、「ALL AKO JAYCEES」の拡大が実現するはずです。

 全員拡大を成功させるためにも、覚悟をもってメンバー全員で候補者について情報の管理や共有、意見交換を密に行っていき、一人が一人候補者を連れてくる意気込みが必要です。

目指せ! 全・員・拡・大!

Bookmark this on Google Bookmarks